介護福祉士の仕事1

介護福祉士の仕事は介護全般に渡りますが一口に介護といっても様々なものがあります。基本的には介護を必要とする方へのサポートと、その介護をする家族への正しい指導、相談等ですが、このページではそんな介護福祉士の仕事のないようや、待遇などについて解説していきたいと思います。

介護福祉士の基本的な仕事

介護福祉士の職場は老人ホームや、在宅介護施設、病院や障害者施設など介護が必要な施設ならどこでも当てはまります。また、今までは自治体経営の施設に就職することが多かった介護福祉士も最近では、老人福祉への企業の進出が目立ってきていることから民間の福祉施設で仕事をする人も多くなってきているようです。また、介護保険サービスや、小中学校での重要などもあり、活躍の場は飛躍的に伸びていると見てよいでしょう。

介護のスペシャリストである介護福祉士の仕事は、介護される側の人に対して適切な介護を行うだけでなく、介護を行う側ににもたって、技術を指導しながら精神的なケアもして、家族単位での介護体制の確立を目標としています。確かに介護のことなら専門的な技術を持っている介護福祉士の方が家族の人よりもよい介護ができるでしょうが、一番側にいて常に介護をする立場なのは家族なのです。その家族のケアをせずにどうして、良い生活ができるでしょうか。

また、障害の度合いによってもケアプランを変えていかなければなりません。重度の障害であれば気持ちよく生活出来る配慮が必要になりますが、もしも復帰の可能性がある障害ならば、障害を克服して自立できるように、その人に無理のない程度に自立が出来るように正確なプランを練り、様子を見ながら長いスパンで実行する必要があります。また、そのとき本人や、家族が無理をしないよいうな心のケアもする必要があります。

介護福祉士の職場選び

さて様々な就職先が考えられる介護福祉士ですが、仕事内容を考えたとき相手にするのはやはり圧倒的に高齢者の方が多くなります。そのため、勤務時間は一定ではなくどうしても夜に様子を見る人なども必要になってくることから勤務時間は安定しません。また、休日・祝祭日も関係なく出勤を求められる職場がほとんどですし、公務員のような9時〜5時などの出勤時間は夢のまた夢です。このような勤務態勢を採用している職場が多いため、もしも就職を考える場合には勤務態勢の確認をすることを忘れないようにしましょう。

自治体が運営する老人福祉の施設や保健施設は利用時間が夕方まだと決められているため公務員のような勤務態勢で働ける場合もありますし、待遇も良い場合が多いので入ることが出来ればラッキーですが、このような公共の施設は定員が決まっており、しかも少ない定員で埋まっているということが多いため、タイミングが合わなければ入るのは難しいでしょう。

また、公共の施設ではどうしてもサービスの内容が外部委託であったり、場所によっては自治体特有の怠惰感があったりと本当に人のために働きたいという情熱を持っている方には物足りないかもしれません。そのような場合は民間の老人ホームなどの企業に就職するのも1つの選択です。

おすすめWEBサイト 5選

引越し 埼玉
http://www.505555.jp/

2017/1/30 更新